働く人々。世の中の仕事、実務の現場

世の中の仕事の内容や実務の現場、キャリアパスについて色んな人に聞いてみました。

すべての仕事をほぼ一人でしなければなりません。

私はもともとは親が創業して長い間やってきた商店を経営しています。具体的には原料の紙を仕入れ、その紙をお得意先の希望する大きさの箱にしてそれを販売しています。

もともと大学を出てからサラリーマンで営業職をしていたのですが、バブル経済が崩壊して、サラリーマンの将来に不安を感じていたので親の仕事をすることにしました。

毎日は基本的には製造と配送をしており、私と年老いた親とだけでやっているので帳簿仕事や会計の業務なども週に一度くらいはやります。

当然、毎月決まった給料などではなく月々でかなり変化のある所得となっていますが、月に40万円程度の収入はあると思います。

仕事の受注は主としてお得様からの電話で受けますが、配送に行ったときに話をして受注することもかなりあります。新規の営業などはあまりやりませんが、店舗の新規で来るお客様にはきちんと対応します。

やはり、体と動かすとか外に出ることが好きなのか、帳簿仕事や会計の仕事にはいまだに慣れてきません。

仕事をやっていて面白いのは仕事が予定通り以上にうまく進む時です。それはまるで魔法のように進展することがあります。

辛かったことは、リーマンショックの後のかなりな落ち込みを経験した時です。そのころは本当に廃業も真剣に考えたくらいでした。

もし、私の子供や友人などが私の仕事に就きたいと言えば、やはり私は勧めることができません。なぜなら私の業界は国内市場だけとも言えるので、業界自体が縮小しているのでなかなか拡大は難しいと思うからです。

[PR]
これからFXを始めたいと思っている初心者のために、FX取引の具体的な始め方や外国為替の基礎知識などの入門情報を提供しているのが当サイトです。
http://xn--fx-xj4anbx913as5a215dt52dcozb.com/