働く人々。世の中の仕事、実務の現場

世の中の仕事の内容や実務の現場、キャリアパスについて色んな人に聞いてみました。

塾講師の仕事に就いて楽しい時間を過ごせました

塾講師の仕事に5年間就いていました。

その仕事に就こうと思ったきっかけは、大学時代に家庭教師のアルバイトをしていて、生徒に勉強を分かりやすく面白く教える事にとてもやりがいをもったからです。

塾は学校が終わってから始まりますので、出勤は基本午後過ぎです。その後、本部で会議や授業研修があり、3時過ぎ頃に授業をする校舎に着きます。昼ご飯は遅いですがその頃に食べます。

4時半頃から小学生が通塾しはじめ、5時ごろから小学生の授業です。夕方からは中学生の授業が始まり、居残り授業などを含めると、授業が終わるのは11時前になることがあります。

それから各授業の宿題を教室のまとめノートに書いたり、今日気になった生徒の話を先生間でしたり、授業前に出来なかった仕事などを済ませて、12時頃に退社します。

講師は授業だけが担当と思われがちですが、色々な係を先生が担当します。

私は理科実験の担当だったので、実験のマニュアルを作ったりしましたし、教室長から言われた雑務で教材管理をしたり、新入塾の保護者連絡をしたり、広告の電話問い合わせに対応したり、新しいイベントや講座を案内したり、日によっては休憩も取れないほど忙しい事があります。

そのため、授業だけの楽しい仕事ができるというわけではありませんが、他にも色々経験できるという部分では、業務内容の限られた専門職というわけではないのかなとも思います。

もし、知人が同じ塾講師になりたいと言ってきたら、授業の予習は毎日大変だし、夜がメインの仕事だから健康的に優れない日もあるし、思うように休みが取れないこともありますが、生徒や保護者と合格を分かち合う時間は、とても掛け替えのない充実したものになると答えます。