働く人々。世の中の仕事、実務の現場

世の中の仕事の内容や実務の現場、キャリアパスについて色んな人に聞いてみました。

スーパーでのレジ打ち

高校生の頃、バイトデビューでスーパーのレジ打ちをしました。
ひたすらレジを打ってお会計をするといった仕事内容でした。
楽しかったことや得をしたなと感じたことは
帰りに買い物が済ませられることくらいでしょうか。
父子家庭で食事を作っていたので、お客さんのカゴの中の内容を
献立の参考にさせていただいたりもしました。
逆につらかった事や嫌だった事は、やはり接客業なので
たまに変わったお客様に絡まれることがあります。
クレーマー客への対応、迅速に正確に計算をしたり、
会計時にレジに通してカゴに入れる際、品物を綺麗に丁寧に
取り扱えるかどうかも大切です。
スピードと正確さを常に求められるので繁盛しているスーパーで
あればあるほど過酷だと思います。
私は、初日に何の説明もないままいきなりレジに1人で
放り込まれたので、丁寧に指導してくれるかどうかも
確認した方が良いと思います。
私は、のんびり屋で計算が苦手だということを
このバイトを通して知ることが出来ました。
適職を知る上でとても有意義な経験が出来たと思っています。